メニュー

ご挨拶

みなさま、はじめまして。院長のKです。

当ホームページをご覧いただきありがとうございます。

わたくしは滋賀県大津市で生まれ、滋賀大学教育学部附属小・中学校、比叡山高校と滋賀県で育ちました。

その後、兵庫医科大学を卒業後、滋賀医科大学付属病院で初期研修を行いました。その後、13年間、主に滋賀、京都、兵庫で消化器外科医として勤務してきました。

手術を中心に、癌に対する化学療法や緩和治療、その他内科的治療など幅広く担当させていただきました。日々の業務のなかでは手術はもちろん、患者さんやご家族と手術前からしっかり関わり、手術を共に乗り越え、抗がん剤治療や外来などその後も長く関わることが好きでした。

最近は、医療の進歩や社会的背景から特に大病院での専門特化が目立っています。極端に言えば、消化器外科では手術のみを担当するようになってきており、徐々に患者さんとの距離は遠くなってきています。手術だけを行いたい外科医にとっては喜ばしい事ですが、患者さんとの関わりが好きな私にとっては少し残念でありました。

一方で、大きな医療の流れとして、よりかかりつけ医の重要性が増してきています。

歳を重ねるにつれて私生活で知人、友人などから病気に対する相談をよく受けるようになってきました。治療や受診先などアドバイスをし、直接治療するわけではありませんが感謝されることが増えてきました。大きな手術で感謝される満足度もありますが、より身近な感謝の満足度の高さを特に最近意識するようになりました。

そんななか、自身の今後について悩んだ結果、メスは置くことになりますが、それ以上にもっと患者さんに近い距離で長く関わりたいという気持ちが大きくなり今回開業を決意しました。

 

病気を診る医師ではなく、人を診る医師を“開業医”という立場からさらに追求していこうと考えています。

                                               院長 

略歴

所属学会・資格

  •  

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME